2017JリーグYBCルヴァンカッププレーオフステージ第2戦が、26日に各地で行なわれた。


 敵地での第1戦を2−0で先勝しているセレッソ大阪は、ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えた。26分、秋山大地のクロスに福満隆貴が頭で合わせ、先制に成功する。その後、両チーム得点は生まれず、試合は1−0で終了。2戦合計3−0でルヴァン杯ノックアウトステージ進出を決めた。


 第1戦を1−0でものにしたFC東京。ホームでヤン・ヨンソン新監督率いるサンフレッチェ広島と対戦した。前半をスコアレスで折り返すと迎えた64分。室屋成が強烈なミドルシュートを突き刺し、FC東京が均衡を破る。試合は1−0で終了。FC東京が2戦合計2−0でノックアウトステージに駒を進めた。


 この結果、C大阪とFC東京がノックアウトステージ進出決定。Aグループ1位のベガルタ仙台、Bグループ1位のヴィッセル神戸、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪の4クラブが加わり、8クラブで優勝を争う。


 組み合わせ抽選会は今月31日の14時から、フジテレビが主催するイベント「お台場みんなの夢大陸内『みんなの夢大陸イベントステージ』」にて行われる。