ガラタサライが、バルセロナに所属するトルコ代表MFアルダ・トゥランに対してレンタル移籍でのオファーを提示したようだ。26日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。


 報道によると、ガラタサライは既にアルダ獲得のために1年間のレンタル移籍という形態でのオファーを提示したという。移籍金は400万ユーロ(約5億2千万円)と見られている。


 アルダはガラタサライの下部組織出身で、2004−05シーズンにトップチームでのデビューを果たした。2005−2006シーズンはマニサスポルにレンタル移籍するも、その後2010−11シーズン終了後にアトレティコ・マドリードに移籍するまでガラタサライでプレーしており、今回の移籍が成立すると6年ぶりの古巣復帰となる。アルダについてはアーセナルが関心を持っているとの報道もあり、同選手の去就には注目が集まっている。果たして、かつてガラタサライで多くのタイトル獲得に貢献したアルダの古巣復帰は実現するのだろうか。