ミランの元副会長、アドリアーノ・ガッリアーニ氏が、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』の会長に就任したと、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が26日に報じた。


 ガッリアーニ氏が会長を務めることになった『メディアセット・プレミアム』は、ミランの元名誉会長シルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、筆頭株主を務める『メディアセット』の子会社で、セリエAやチャンピオンズリーグの放映権などを持つ、有料放送局として知られる。


 ベルルスコーニ氏は、ガッリアーニ氏の会長就任について「アドリアーノが我々のオファーを快諾してくれて満足している。セリエAの放映権がじきに切れることもあって、彼を招き入れたことはとても大きい」とミランの黄金期を築いた手腕に期待していることを明かしている。


 現在73歳のガッリアーニ氏は1986年3月からミランの幹部を務めていたが、今年4月の中国資本の参入により、副会長を退任していた。