インターナショナル・チャンピオンズカップ2017のアメリカラウンドが26日に行われ、マンチェスター・Cとレアル・マドリードが対戦した。


 マンチェスター・Cは新加入のイングランド代表DFカイル・ウォーカーが右ウイングバックに入ったほか、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロらが先発。一方のレアル・マドリードはクロアチア代表MFルカ・モドリッチやスペイン代表MFイスコ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルらが起用された。


 一進一退の攻防となった前半は互いにゴールを奪うことはできず、スコアレスで折り返す。


 試合が動いたのは52分。マンチェスター・Cが右CKを得ると、ジョン・ストーンズのヘディングシュートがこぼれたところをニコラス・オタメンディが押し込んだ。


 勢いに乗るマンチェスター・Cは59分、デ・ブライネからのスルーパスでペナルティエリア右に抜け出したラヒーム・スターリングがGKのニアサイドを抜くシュートでネットを揺らし、リードを広げた。


 さらに66分にはデ・ブライネのクロスにストーンズが右足ダイレクトで合わせてあっさりと3点目を奪うと、82分にはブラヒム・ディアスが左足のミドルシュートをゴール左上に蹴り込み、スコアは4−0となった。


 レアル・マドリードは90分にオスカル・ロドリゲスが見事なミドルシュートを決めて1点を返したが、反撃もここまで。マンチェスター・Cが4−1の快勝を収めた。


 マンチェスター・Cは29日にトッテナムと、レアル・マドリードは同日にバルセロナと対戦する。


【スコア】

マンチェスター・C 4−1 レアル・マドリード


【得点者】

1−0 52分 ニコラス・オタメンディ(マンC)

2−0 59分 ラヒーム・スターリング(マンC)

3−0 66分 ジョン・ストーンズ(マンC)

4−0 82分 ブラヒム・ディアス(マンC)

4−1 90分 オスカル・ロドリゲス(レアル)