FC東京は28日、DF森重真人の負傷離脱を発表した。


 森重は今月2日に行なわれた2017明治安田生命J1リーグ第17節セレッソ大阪戦で負傷。経過観察中だったが、チームドクターの診察を受け、今月25日に埼玉県内の病院で手術を実施した。左腓骨筋腱脱臼と診断され、全治までは4カ月を要する見込みとなっている。


 FC東京のキャプテンを務める森重は、今季ここまで17試合に出場していた。