フィオレンティーナは27日、ルーマニア代表GKチプリアン・タタルシャヌをナントに完全移籍で譲渡したことを正式発表した。


 イタリアメディア『fantagazzetta.com』によると、移籍金はボーナスを含み、推定400万ユーロ(約5億円)と報じられている。


 現在31歳のタタルシャヌは、2014年夏にステアウア・ブカレストからフィオレンティーナに加入。移籍2年目から正GKの座をつかみ、昨シーズンは35試合に出場した。


 フィオレンティーナは、今冬の移籍市場でアタランタからレンタルで獲得したイタリア人GKマルコ・スポルティエッロが正GKを務めることになると見られる。


 今夏の主力退団が相次ぐフィオレンティーナは、すでに主将のアルゼンチン代表DFゴンサロ・ロドリゲス、元スペイン代表MFボルハ・バレーロ、イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキ、スロヴェニア代表MFヨシップ・イリチッチの退団が決定。これに加え、クロアチア代表FWニコラ・カリニッチとウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノにもそれぞれミランインテルとミラノ方面への移籍が濃厚とみられている。


 セリエAを長年戦い抜いてきた名門に分岐点が訪れているようだ。