マンチェスター・Cが、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に向けて巨額のサラリーを用意しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が28日に報じている。


 今夏の移籍市場で去就に注目が集まっているサンチェスパリ・サンジェルマンチェルシーといったビッグクラブが移籍先候補に挙げられているが、今回の報道ではマンチェスター・Cが巨額のサラリーを準備して獲得を目指すと伝えられた。


 報道によると、サンチェスは週給40万ポンド(約5800万円/年俸換算で約30億2000万円)を望んでいるという。マンチェスター・Cが準備していると報じられた週給32万ポンド(約4700万円/年俸換算で約24億4000万円)は希望額には届かないものの、パフォーマンスに応じたボーナスも加算される見通しとなっているようだ。


 サンチェスに対しては、パリ・サンジェルマンが移籍金4000万ポンド(約58億2000万円)と週給35万ポンド(約5100万円/年俸換算で約26億5000万円)を用意していると、イギリスメディア『スカイスポーツ』が25日に報じている。果たして、新シーズンはどのクラブでプレーすることになるのだろうか。