2017明治安田生命J1リーグ第19節が29日に行われ、横浜F・マリノス清水エスパルスが対戦した。


 横浜FMはCONCACAFゴールドカップに参戦していたマルティノスがスタメンに復帰。1トップを務める富樫敬真は、第2節以来のスタメンとなった。一方の清水は鄭大世長谷川悠の2トップで臨む。


 17分、横浜FMはカウンターからマルティノスがドリブルで敵陣内に突進。切り返しから左足を振り抜き、豪快なシュートを突き刺した。対する清水は23分、枝村匠馬のCKに長谷川が頭で合わせ同点とする。


 追いつかれた横浜FMは前半終了間際の42分、山中亮輔のクロスに天野純が左足ダイレクトで合わせ、再び清水を突き放す。続く44分、齋藤学がエリア内で倒されPKを獲得する。しかし、齋藤のキックはGK六反勇治がストップ。前半は2−1で折り返す。


 後半に入り70分、松原后の折り返しを鄭大世が決めて、清水が再び同点に追いつく。


 試合は2−2で終了。勝ち点1を分け合った。


 次節、横浜FMはアルビレックス新潟と、清水はサガン鳥栖とそれぞれアウェイで対戦する。


【スコア】

横浜F・マリノス 2−2 清水エスパルス


【得点者】

1−0 17分 マルティノス(横浜FM)

1−1 23分 長谷川悠(清水)

2−1 42分 天野純(横浜FM)

2−2 70分 鄭大世(清水)