2017明治安田生命J1リーグ第19節が29日に行われ、ガンバ大阪セレッソ大阪が対戦した。


 G大阪は新加入のファン・ウィジョをスタメンに抜擢。長沢駿と2トップを形成する。対するC大阪は山下達也が欠場。木本恭生が代役を務める。


 15分、藤本淳吾のスルーパスにファン・ウィジョが抜け出しシュートを放つ。ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となった。前半はスコアレスで折り返す。


 後半に入り51分、C大阪はGKキム・ジンヒョンのゴールキックに山村和也が競り勝つと、最後は杉本健勇が決めて先制する。


 対するG大阪は65分、藤春廣輝のクロスにファン・ウィジョが打点の高いヘディングで叩き込む。続く77分には、井手口陽介のCKに三浦弦太がニアで合わせて逆転に成功する。


 さらに86分、カウンターから途中出場のアデミウソンが抜け出す。シュートは一度GKキム・ジンヒョンに防がれたが、こぼれ球をつないで再びアデミウソンがシュートを突き刺し、勝負を決定付ける3点目を奪った。


 試合は3−1で終了。34回目のダービーはホームのG大阪に軍配が上がった。G大阪はリーグ戦の連敗を2でストップ。対する首位・C大阪は第10節柏レイソル戦以来の黒星となった。


 次節、G大阪はアウェイでヴァンフォーレ甲府と、C大阪はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。


【スコア】

ガンバ大阪 3−1 セレッソ大阪


【得点者】

0−1 51分 杉本健勇(C大阪)

1−1 65分 ファン・ウィジョ(G大阪)

2−1 77分 三浦弦太(G大阪)

3−1 86分 アデミウソン(G大阪)