マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、この夏の補強について言及した。イギリス紙『デイリーメール』が29日に伝えた。


 マンチェスター・Cは今夏既に、トッテナムからイングランド代表DFカイル・ウォーカー、レアル・マドリードからブラジル代表DFダニーロ、モナコからフランス代表DFバンジャマン・メンディ、という3人の補強を決定させている。しかし、グアルディオラ監督はシーズン開始までにもう一人獲得することを望んでいるようだ。


 同監督は「ジョン(ジョン・ストーンズ)、ビニー(ヴァンサン・コンパニ)、ニコ(ニコラス・オタメンディ)には満足しているよ。でも我々はセンターバックがほしい。なぜなら彼たちは楽に過ごす余裕がないんだ。センターバックにあまり人数がいなかったので、彼たちは休む時間がなかった。チャンスがあったら私たちはセンターバックを獲得してみようと思う」と語り、センターバックの補強を希望した。


 グアルディオラ監督は現在センターバックの獲得候補として、レアル・ソシエダのスペイン代表DFイニゴ・マルティネスとバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーに関心を寄せているようだ。