日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズについて、ローマが最後のオファーを提示するようだ。29日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。


 2015−16シーズンに奇跡のプレミアリーグ制覇を果たしたレスターにおいて、中心的な役割を担ったマフレズ。しかし、同選手はステップアップを望んでおり、今夏の退団が有力視されている。そんな同選手に対しては、ローマが特に強い関心を寄せていた。


 ローマはここまでマフレズに2度オファーを出しているが、いずれも合意には至っていない。この状況を見かねたスポーツ・ディレクター(SD)のモンチ氏は、マフレズへのアプローチを次のオファーで最後にする意志を固めたようだ。


「マフレズの獲得を狙っているが、選択肢は彼だけではない。次のオファーで合意できなかった場合は、別の選択肢に切り替えるつもりだ。我々はたった一人の選手に集中しているわけじゃない」


 ローマは“3度目の正直”でマフレズ獲得を果たせるのか。今後の動向に注目したいところだ。