セルティック(スコットランド)が、サポーターによる違法なバナー掲出などを理由に欧州サッカー連盟(UEFA)から処分を下された。イギリスメディア『BBC』が28日に伝えている。


 それによると、問題が発生したのは本拠地、セルティック・パークで開催されたリンフィールド(北アイルランド)とのチャンピオンズリーグ(CL)2次予選ラウンド・セカンドレグ。この試合で、セルティックのサポーターが違法なバナーを掲げたとして、処分の対象となった。


 これにより、セルティックは2万3000ユーロ(約300万円)の罰金をUEFAに支払った。また、2試合にわたって本拠地におけるサポーターグループのエリアを閉鎖。27日に行われたローゼンポリ(ノルウェー)との3次予選ラウンド・ファーストレグでは、このエリアが空席となっていた。


 なお、同メディアによると、ヨーロッパにおける大会でセルティックがサポーターの違反行為による処分を受けるのはここ6年で11回目になるという。