南アフリカのヨハネスブルグにあるサッカースタジアムで、観客17人が負傷し2人が死亡する事件が起こった。イギリスメディア『BBC』が29日付で報じている。


 事件はカイザーシーフ対オーランドパイレーツの『ソウェット・ダービー』の試合当日に起こった。オーランドパイレーツが発表したところによると、87000人入るFNBスタジアムのゲートを通る時に、並んでいる観客が別の観客を激しく押され、押しつぶされたと同メディアは報道した。


 保安局のマイケル・サン氏は『ツイッター』で、全てのゲートは開かれており大衆もしっかりコントロールできていた、とコメントしている。


 また、オーランドパイレーツも『ツイッター』で「ゲートをくぐろうとした時にたくさんの人が押し倒され死亡しました。この事実をとても悲しく思います」と投稿。

 


 イギリスメディア『ロイター通信』は、カイザーシーフが1−0で勝利した後にサポーター同士での乱闘などは確認されていないと報道した。


 同試合は、1990年に刑務所から釈放されたネルソン・マンデラ氏のスピーチも行われた。


 南アフリカは2010年にワールドカップが行われたことでも有名だが、2001年4月に行われたカイザーシーフ対オーランドパイレーツの試合でも43人のサポーターが死亡。また2007年にも、42人のサポーターが押しつぶされる事件が発生していた。