チェルシーのアントニオ・コンテ監督は「モウリーニョのシーズン」を避けなければいけないと語った。イギリスメディア『BBC』が29日付で報じている。


 ジョゼ・モウリーニョ監督は2014−15シーズン、チェルシーの監督としてプレミアリーグ優勝を達成した。しかし翌シーズンに16位までチームが沈黙したことを受け解任の憂き目にあっている。


「2年前、チェルシーはリーグ戦を10位で終えた。あのようなことは二度と起きてはいけない」とコメントしたコンテ監督。昨シーズン、プレミアリーグへ3バックのシステムを輸入してきたコンテ監督は、来シーズンの意気込みを語っている。


「我々は、モウリーニョが過ごした厳しいシーズンを知っている。チャンピオンとして、あのようなことを避けなければいけない。14−15シーズンと15−16シーズンの優勝監督は解任されている。私たちはハードワークして、最高の解決策を見出さなければいけない」とコメントした。


 さらに「私たちにはたくさんの若くて優秀なプレイヤーがいる。もっと上に行くために必要なことだ」とチームを分析したコンテ監督。プレシーズンが始まってフルアムとアーセナルに連勝したチェルシーだったが、続くバイエルンとインテルには敗戦。2試合で6失点を喫している。


 稀代の名将と称されるモウリーニョですら職を追われたチェルシーで、コンテ監督は自らの地位を確立させることができるか。