メキシコリーグ前期第2節が29日に行われ、日本代表MF本田圭佑所属のパチューカとクラブ・アメリカが対戦した。本田は開幕戦に続き、メンバー外となった。


 試合は開始早々の3分にセシリオ・ドミンゲスのゴールでクラブ・アメリカが先制すると、前半はこのまま1−0で折り返す。さらに後半立ち上がりの53分、再びドミンゲスがゴールを挙げてクラブ・アメリカのリードが2点に広がった。


 なんとか反撃に出たいパチューカだったが、最後まで相手ゴールを割ることはできず、試合はこのまま2−0でタイムアップ。クラブ・アメリカはこれで1勝1敗、パチューカは開幕連敗スタートとなった。また、大手メディア『ESPN』によれば、パチューカはホームでのリーグ戦では2015年11月から29試合無敗と圧倒的な強さを誇っていたが、30試合ぶりの敗戦となった。


 次節、パチューカは8月5日にアウェイでロボスBUAPと、クラブ・アメリカは同日にホームでプーマスUNAMと対戦する。


【スコア】

パチューカ 0−2 クラブ・アメリカ


【得点者】

0−1 3分 セシリオ・ドミンゲス(クラブ・アメリカ)

0−2 53分 セシリオ・ドミンゲス(クラブ・アメリカ)