エミレーツ・カップが29日に行われ、アーセナルとベンフィカが対戦した。


 11分、まずはベンフィカがチャンスを掴む。味方FWが頭で後ろに流したボールにフランコ・セルビが反応。左足のシュートにGKオスピナが反応するも届かず、ベンフィカが1点を先制する。


 24分にはアーセナルの反撃。相手ペナルティーエリア内でボールを奪ったセアド・コラシナツがクロス。セオ・ウォルコットが強烈なシュートをたたき込み、スコアをタイに戻す。


 32分、相手陣内で華麗なパスワークを見せるアーセナル。フリーになったフランシス・コクランが中にグラウンダーのクロスを入れると、フリーのウォルコットがゴールを決める。しかし、すぐにベンフィカへ同点のチャンス。パスを奪ったベンフィカがショートカウンターを見せる。エドゥアルド・サルビオにボールが渡るとすぐさまシュート。相手に当たって入り2−2の同点となった。


 ハーフタイムを挟んで迎えた52分。ウォルコットのクロスにリサンドロ・ロペスが足を伸ばしてブロックしに行くが、不運なことに爪先にボールが当たりそのままゴールへ流れ込む。思わぬ形でアーセナルが1点をリードした。


 64分、勢いに乗るアーセナルはウォルコットの突破からライス・ネルソンにボールが渡ると、一人かわしてクロス。このボールにオリヴィエ・ジルーがアクロバティックボレーを放ちゴールをゲット。4点目を決めた。


 その後の70分、ペナルティーエリア内でコラシナツのパスを受けたジルーがワンタッチで後ろに落とす。反応したアレックス・イウォビが弾丸のようなシュートをゴールへ突き刺した。


 最終スコア5−2でアーセナルが圧勝。今後に向けて弾みをつけた。


【スコア】

アーセナル 5−2 ベンフィカ


【得点者】

0−1 11分 フランコ・セルビ(ベンフィカ)

1−1 24分 セオ・ウォルコット(アーセナル)

2−1 32分 セオ・ウォルコット(アーセナル)

2−2 39分 エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)

3−2 52分 オウンゴール(リサンドロ・ロペス)(アーセナル)

4−2 64分 オリヴィエ・ジルー(アーセナル)

5−2 70分 アレックス・イウォビ(アーセナル)