ベルギー1部ジュピラー・プロ・リーグが開幕し、ゲンクとMF森岡亮太が所属するワースラント・ヴェフェレンが対戦した。


 今夏、ポーランドのシロンスク・ヴロツワフから加入した森岡はトップ下のポジションで先発出場した。


 前半終了間際の45分、森岡のスルーパスにオリヴィエ・ミニが反応。落ち着いてゴールに流し込み、ワースラント・ヴェフェレンが先制した。後半に入り47分、森岡がカウンターの起点となり追加点を演出する。


 その後、ゲンクに3得点を奪われ逆転を許すも、ワースラント・ヴェフェレンは後半アディショナルタイムにジーニョ・ガノが同点弾を決め、試合は3−3で終了。ベルギーデビュー戦となった森岡は、先発フル出場で1アシストを記録している。