2017明治安田生命J1リーグ第19節が30日に行われ、ベガルタ仙台柏レイソルが対戦した。


 仙台は7分、柏ゴール正面で直接FKを獲得。三田啓貴が直接左足で狙ったが、柏GK中村航輔のファインセーブに阻まれた。攻め手を欠く柏は60分、新加入のキム・ボギョンを投入。攻撃の活性化を図る。試合が動いたのは68分だった。柏はクリスティアーノの左CKを伊東純也がヘディングで叩き込み先制に成功する。追いかける仙台は後半アディショナルタイム2分、前線に抜け出したクリスランがゴール前に折り返すと、こぼれ球を拾った中野嘉大が決めて土壇場で同点に。試合はこのまま1−1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。


 次節、8月5日に仙台はアウェイで鹿島アントラーズと、柏はホームでヴィッセル神戸と対戦する。


【スコア】

ベガルタ仙台 1−1 柏レイソル


【得点者】

68分 0−1 伊東純也(柏レイソル)

90+2分 1−1 中野嘉大(ベガルタ仙台)