マンチェスター・Uは、チェルシーに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチ獲得に近づいているようだ。30日付のイギリスメディア『BBC』が伝えている。


 同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、マティッチ獲得に関心を持っており、加入がささやかれていた。交渉は難航していたが、4000万ポンド(約58億円)で合意に近づいている模様。一部メディアでは、30日に同選手がメディカルチェックを行ったと報道されており、加入は決定的と見られている。


 モウリーニョ監督は、チェルシーを率いていた2014年にマティッチを2100万ポンド(約30億円)で獲得しており、マンチェスター・Uで再び共演することを望んでいる。


 一方のマティッチも、同監督に信頼を寄せており、同クラブ加入を希望。今夏行われていた、チェルシーのアジアツアーには参加しておらず、退団は濃厚と報じられていた。


 モウリーニョ監督はマティッチについて「我々は、ニュースを待っている。彼を獲得したいと思っている。チャンスはあると思う。背番号31は空いている」と獲得に近づいているとコメントした。


 マンチェスター・Uは今夏、3500万ポンド(約51億円)でスウェーデン代表DFヴィクトル・リンデルフ、7500万ポンド(約110億円)でベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得。マティッチ加入となれば、3人目の補強となる。