31日に行われた2017Jリーグ YBCルヴァンカップ ノックアウトステージ組み合わせオープンドローに出席した浦和レッズFW武藤雄樹が、イベント終了後に囲み取材に応じた。


 前年チャンピオンである浦和はベスト8でセレッソ大阪と対戦することが決定した。武藤はまず、対戦相手について「どこと当たっても難しい試合になると思っていましたけど、セレッソにはこの間(リーグ戦で)負けてしまったので、何人かの選手には『リベンジしたいからセレッソを引いてこい』と言われていました。高まる相手だと思いますし、必ず勝って上に行けるように頑張りたいと思います」と、ある意味“希望通り”の相手であることを明かし、リベンジへの意気込みを語った。


 ルヴァン杯連覇を狙う浦和だが、リーグ戦では8位と低迷し、30日にはミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約解除を発表。堀孝史新監督のもとで再スタートを切ることとなった。


 指揮官交代について武藤は、「やっぱりサッカーをやっていればこういうことが起きることもありますし、残念なことではありますけど、これからまた堀監督と頑張っていかなければいけないです。ずっと下を向いているわけにはいかないので」とすでに気持ちを切り替えたことを強調し、「ミシャ(ペトロヴィッチ前監督)には本当に個人としても感謝しているので、これからのプレーで(その気持ちを)表現できればいいなと思います」と前を向いた。