元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、セリエBのヴェルトゥス・エンテッラからのオファーを受け入れることになったようだ。イタリアメディア『Sportitalia』が31日に報じた。


 今年1月にサンプドリアとの契約を解消していたカッサーノ。7月10日にヴェローナと契約を結んだが、その8日後には現役引退を表明。一旦は引退を撤回し、現役続行の意思を示したものの、24日に再び現役を退くことを明かし、27日にはクラブから契約解除が発表されていた。


 ところが、カッサーノは現役を引退する意向はないことを主張。カッサーノが希望するリグーリア州を本拠地とするヴェルトゥス・エンテッラと接触しており、オファーを受け入れることとなるようだ。報道によると、契約内容は年俸800万ユーロ(約1億円)で、個人とチームの結果によってボーナスが支払われる。


 引退発言からの即撤回、そして最終的には再び引退を決断した現在35歳の“悪童”は、精神面が非常に不安定になっているとの見方もある。“安住の地”を見つけ、現役続行の運びとなるのだろうか。