パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長が、獲得を噂されているブラジル代表FWネイマールについて語った。スペイン紙『アス』などが1日に伝えた。


 バルセロナから史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約289億円)でネイマールを獲得すると報じられているパリSG。移籍は決定的とも噂され、8月1日にはサインが交わされるとも報じられていた。


 アル・ケライフィ会長はモロッコメディア『Medi1 TV』のインタビューで移籍成立は近いかと問われると、「ネイマールはバルセロナの選手だし、今後どうなるか様子を見るつもりだ。私たちは他クラブと選手が結んでいる全ての契約を尊重する」とコメントし、移籍成立を否定。


 それでも、「正直に言うと、今はこの話題について話したくはない。また別の機会にして欲しい」と続け、今後の進展も示唆している。