ウディネーゼは1日、トルコのコンヤスポルからボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWリアド・バイッチを獲得したことを正式発表した。


 契約内容などは明かされていないが、イタリア紙『イル・メッサッジェーロ』によると、移籍金は推定550万ユーロ(約7億円)で、将来的にウディネーゼから移籍した場合、移籍金の10パーセントがコンヤスポルに支払われることとなるようだ。


 現在23歳のバイッチは、1メートル89の長身FW。昨シーズンはトルコのシュペルリグで32試合に出場し、17得点を記録した。今年3月にはボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表に初招集され、ジブラルタルとアルバニアとの2試合に途中出場している。