アーセナルは、ニースに所属するコートジボワール代表MFジャン・セリに関心を持っているようだ。8月1日付のイギリスメディア『ESPN FC』が報じている。


 同紙によると、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は以前からセリのことを高く評価しており、昨シーズンも獲得を画策していたようだ。昨シーズンは具体的なオファーを提示することはなかったが、今シーズンこそは獲得を視野に入れている模様だ。セリについては同じノースロンドンに本拠地を構えるトッテナムも関心を持っているようで、同選手を巡ってのノースロンドンダービーが勃発する可能性もあるという。


 ニースは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に予選3回戦から参加しており、仮にCL本戦への出場が決まった場合にはセリを売却するつもりはないようだ。そのため、アーセナルがセリの獲得へ向けて本格的に動き出すのは今夏の移籍市場が終了する直前になると見込まれている。