ワトフォードは、マンチェスター・Uに所属するU−19オランダ代表DFティモシー・フォス・メンサーのレンタル移籍での獲得を画策しているようだ。8月1日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。


 現在19歳のメンサーは昨シーズンの公式戦では11試合の出場に留まっていたが、プレシーズンでは高いパフォーマンスを発揮しており、今シーズンもマンチェスター・Uでプレーするものと見られていた。


 しかし、メンサーの定位置である右サイドバックにはパリ・サンジェルマンからコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエの獲得が噂されており、オーリエの動向次第ではメンサーをレンタル移籍で放出し、出場機会を与える方針だという。


 今夏のワトフォードは積極的な若手の補強に動いている。これまでに、チェルシーからU−21イングランド代表MFナサニエル・チャロバーやチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)のダービー・カウンティからU−21イングランド代表MFウィル・ヒューズ、フルミネンセからU−20ブラジル代表FWリチャーリソンなどの獲得が決まっていた。果たして今シーズンのメンサーはどちらのチームでプレーしているのだろうか。メンサーの去就に注目が集まっている。