マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が今夏のクラブの補強について言及した。イギリス紙『メトロ』が2日付で報じている。


 マンチェスター・Uは今夏の補強ポイントとしてあげられていた、センターフォワード、アンカー、センターバックに、ベルギー代表FWロメル・ルカク、セルビア代表MFネマニャ・マティッチ、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフを獲得。


 しかし、以前からモウリーニョ監督がもう一つの補強ポイントとしてあげていたウイングのポジションには依然として新しい選手は加入していない。


 インテル所属のクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチの獲得が間近と連日報道されていたが、合意には至ってはいない状況だ。


 同紙のインタビューに答えたモウリーニョ監督は、「私はチームを改善するために4つのポジションの補強を望んだ。クラブは今夏のこの狂った移籍市場で素晴らしい仕事をしてくれた。4つのうち3つの願いは叶った。あと1つも叶うことになれば私はとても幸せだよ」と、今夏のこれまでのクラブの働きに満足しながらも、さらにもう1人新たな選手をチームに加える意思を明らかにした。