パリ・サンジェルマン(PSG)は、ブラジル代表FWネイマールの獲得に4億5000万ポンド(約650億円)を投資することになるようだ。2日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。


 バルセロナからPSGへの移籍がほぼ決定していると言われるネイマール。その違約金は2億2200万ユーロ(約290億円)で、世界記録を大きく更新する予定だ。


 しかし、PSGの支出はそれだけではない。手数料や給与も必要になるのだ。


 ネイマールの給与は税引き後の額で週51万5000ポンド(約7400万円)になるとのことで、これも世界最高記録である。


 年俸に直せば約2700万ポンド(約39億円)で、5年契約となれば1億3500万ポンド(約195億円)が必要だ。


 さらに税金などの支払いを加えて、PSGはネイマールをチームの一員とするために4億5000万ポンド(約650億円)を支出するとのこと。


 これまでのサッカーの歴史を大きく変えるような取引が目前に迫っている。


 カタールの政府系機関であるQSIが直接資金を投入するという「ウルトラC」は、今後の移籍マーケットにかなりの影響を与えるだろう。


(記事提供:Qoly)