バルセロナは3日、ブラジル代表FWネイマールの契約解除金の支払いが完了したことをクラブ公式サイトで発表した。


 同日午後にネイマールの弁護士らがクラブを訪れ、契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)の支払いを完了させたという。これで決定的と見られているパリ・サンジェルマンへの移籍が一歩前進したようだ。


 スペインでは契約解除金を支払う場合、クラブではなく一度スペインプロリーグ機構側に納めることになっている。ネイマールの弁護士らは同じく3日にスペインプロリーグ機構を訪れたが、違約金の受け取りは拒否されたと報じられていた。


 なお、バルセロナは、今回の件で生じる可能性がある懲戒責任について決定できるように、UEFA(欧州サッカー連盟)に移籍の詳細を通達すると発表している。