ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦・セカンドレグが3日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)は敵地でオーステンデ(ベルギー)と対戦した。


 7月27日に行われたホームでのファーストレグを4−2で勝利し、優位な状況でセカンドレグに臨むマルセイユ。酒井はこの試合も先発出場している。対するオーステンデも、ファーストレグで貴重なアウェイゴールを2点奪った。ホームで迎えるこの試合で逆転を目指したい。


 39分、マルセイユはマキシム・ロペスのシュートがポストを直撃。先制の絶好機を逃す。まず1点を返したいオーステンデもチャンスを作るが、マルセイユGKスティーヴ・マンダンダの好セーブなどもありゴールを奪えず。試合は0−0のまま終了し、2戦合計4−2でマルセイユがEL3回戦を突破した。酒井はフル出場している。


 これにより、マルセイユはELプレーオフに駒を進めた。プレーオフの組み合わせ抽選会は4日に行われ、ファーストレグは17日に、セカンドレグは24日に行われる。


【スコア】

オーステンデ 0−0(2戦合計:2−4) マルセイユ