「2017 Tournament of Nations」でオーストラリア女子代表とブラジル女子代表が対戦した。


 第1戦で優勝候補の開催国アメリカに1−0で勝利し、第2戦でもなでしこジャパン(日本女子代表)に4−1と大勝したオーストラリア女子代表。対するブラジルは2試合を終えて1分1敗、アメリカは1勝1敗、日本は1分1敗となっていたため、オーストラリアがこの一戦で勝利を掴めば3連勝で優勝が決まる状況だった。


 先制に成功したのはブラジルだった。開始2分、カミラ・ペレイラが得点を奪ったが、オーストラリアも黙ってはいない。わずか5分後にはリサ・デ・ヴァンナが同点に追いつくと、32分にはケイトリン・フォード、34分には再びデ・ヴァンナ、そして41分にはカトリーナ・ゴリーがゴールネットを揺らし、前半だけで4得点を奪う。


 後半に入っても攻撃の手を緩めず、68分にフォードが2点目をマーク。81分には日本戦でハットトリックを達成したエース、サム・カーもゴールを奪い、6−1で大勝した。見事な3連勝で「2017 Tournament of Nations」優勝を決めている。


 なでしこジャパンは最終戦のアメリカ女子代表戦を3日に(日本時間4日、11:00〜)戦う。