ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦セカンドレグが3日に行われ、ミランはホームでルーマニアのウニヴェルシタテア・クライオヴァと対戦し、2−0で勝利を収め、2戦合計3−0で勝ち抜けを決めた。


 先制点を決めたイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラが試合後にイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応えた。


「僕らは1試合1試合戦っていく。今日は暑かったが、良い試合をした。すぐにリードを奪い、素晴らしかったね。このようにプレーし続け、前に進んでいかなければならない」と試合を振り返った。


 続けて「全員がチームを助けたいと思っている。みんなその用意があるんだ。素晴らしいグループだ。みんなハードワークしている。シーズンの最後には、全員がチームに貢献することになると思う」とチームの雰囲気が素晴らしいものであることを明かした。


 最後に「自分は、これまでやってきたことをするだけ。チーム内の競争がチームを良くする」と今シーズンに向けて意気込みを語った。