パリ・サンジェルマンへの移籍が決まったブラジル代表FWネイマールだが、一部のバルセロナファンがこれに怒りをあらわにしているという。スペイン紙『マルカ』が3日付で伝えている。


 史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でパリ・サンジェルマンに加入したネイマール。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレスらバルセロナの選手たちは続々と惜別のメッセージを残しているが、ファンは必ずしも同様の気持ちではない模様だ。


 同紙は、ネイマールのユニフォームが燃やされる動画がSNS上に投稿されていることを報道。ファンが同選手を“裏切り者”として扱う様子を伝えている。


 焼け焦げた背番号「11」のユニフォームは何とも無残な状態に。ネイマールとバルセロナファンの別れは、後味の悪いものとなってしまったようだ。