日本代表DF長友佑都が所属するインテルのスポーツディレクター(SD)を務めるピエロ・アウシリオ氏が、クロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチと契約延長に向けた話し合いをしていると明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日に報じている。


 報道によると、アウシリオSDはペリシッチについて「我々にとって重要な選手だ。我々は今、新たな契約に向けて話を行っている」とコメント。契約延長に向けて交渉中であることを明かした。


 ペリシッチについては以前から、マンチェスター・Uが獲得に向けて乗り出していると報じられている。同クラブは移籍金4500万ポンド(約64億9000万円)を用意しているとの報道もあり、一時は移籍が有力視されていた。しかし現在は、インテル残留に傾きつつあるようだ。


 昨シーズンの公式戦で42試合出場11ゴールを記録したペリシッチ。新シーズンもインテルでのプレーを続行することになるのだろうか。