ブラジル代表FWネイマールの獲得を3日に発表したパリ・サンジェルマンが、爆発的な勢いでユニフォームを売り上げているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日に報じている。


 報道によると、パリ・サンジェルマンは4日、クラブ公式ショップが同日だけで1万枚以上のユニフォームを販売したことを明かしたという。販売数の内訳などは公表されていないものの、背番号「10」を着用することが決まったネイマールのユニフォームが売り上げを伸ばしていることが有力と言っていいだろう。


 パリ・サンジェルマンは史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)もの移籍金を投じてネイマールを獲得した。巨額の投資を行って迎え入れたスーパースターの人気と影響力の高さが、ユニフォームの売り上げという形でさっそく発揮されることとなったようだ。