マンチェスター・Uのイングランド人DFキャメロン・ボースウィック・ジャクソンが、リーズ(イングランド2部)にレンタル移籍する方向だという。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日付で伝えている。


 ボースウィック・ジャクソンは現在20歳。昨シーズンはウォルヴァーハンプトンにレンタル移籍していた。経験を積むことが期待されていたものの7試合の出場に終わり、フィットネスのレベルについて批判されたことも。ルイス・ファン・ハール前監督の下で公式戦14試合に出場した同選手だが、ジョゼ・モウリーニョ監督は構想に含めていなかった。


 これにより、同選手は再び他クラブへのレンタル移籍を模索。リーズへのレンタル移籍決定が迫っており、昨シーズンと同じくイングランド2部でのプレーになるということだ。