2017明治安田生命J1リーグ第20節が5日に行われ、柏レイソルヴィッセル神戸が対戦した。


 4試合ぶりの勝利を目指す柏は、新加入のキム・ボギョンをスタメン起用。最前線にはディエゴ・オリヴェイラが入った。神戸は大森晃太郎が5試合ぶりのスタメン。渡邉千真と前節2ゴールのルーカス・ポドルスキが2トップを務める。


 開始早々の5分、左CKを獲得すると三原雅俊が思い切り良く右足を振り抜き、神戸が先制に成功する。前半は神戸の1点リードで折り返す。


 後半立ち上がり50分、柏はクリスティアーノが裏へ抜け出すと、並走していたディエゴ・オリヴェイラにラストパス。落ち着いてゴールに流し込み、柏が同点に追いつく。


 67分には田中英雄が手塚康平への報復行為で一発退場に。数的有利となった柏は72分、クリスティアーノが強烈なシュートを突き刺し逆転すると、続く76分には中山雄太のミドルシュートが決まり、リードを2点に広げる。


 試合は3−1で終了。柏は4試合ぶりの白星。神戸の連勝は2でストップした。


 次節、柏はサガン鳥栖と、神戸は鹿島アントラーズと、それぞれホームで対戦する。


【スコア】

柏レイソル 3−1 ヴィッセル神戸


【得点者】

0−1 5分 三原雅俊(神戸)

1−1 50分 ディエゴ・オリヴェイラ(柏)

2−1 72分 クリスティアーノ(柏)

3−1 76分 中山雄太(柏)