ヘタフェに所属するMF柴崎岳が、5日に行われたテストマッチのジローナ戦で決勝ゴールを決めた。スペインメディア『Esport3』が伝えた。


 先発出場した柴崎はスコアレスで迎えた78分、右サイドのペナルティエリア脇で相手選手からボールを奪うと、そのままエリア内に進入。右足を振り抜き、シュートをゴール右上隅に突き刺した。


 試合はこのまま終了し、柴崎は決勝ゴールで1−0の勝利に貢献。シーズン開幕に向けて順調にアピールできているようだ。


 なお、ヘタフェは20日にアウェイで行われるリーガ・エスパニョーラ第1節のアスレティック・ビルバオ戦で新シーズン開幕を迎える。