ユヴェントスのべエズエラ代表MFトマス・リンコンがバレンシア移籍の可能性が浮上している。スペイン紙『アス』が5日に伝えた。


 同紙によると、バレンシアはすでにユヴェントスにオファーを提示している。さらに同選手の代理人が5日にツイッターで「おはよう、バレンシア」とバレンシアの町並みと自身が写った写真を投稿したことで移籍の噂が加速。近日中にも合意が発表されると報じた。


 ベネズエラ代表のキャプテンでもあるリンコンは29歳の守備的MF。昨シーズンの1月にユヴェントスへ移籍し、公式戦16試合に出場したが、先発出場はわずか2試合にとどまった。加入したばかりではあるが、出場機会を求めて移籍する可能性は少なくないと同紙は推測している。