名古屋グランパスは6日、2017明治安田生命J2リーグ第26節で愛媛FCと対戦し、7−4で乱打戦を制した。試合後、ハットトリックの活躍で勝利に貢献したMF田口泰士が取材に応じている。


「高校生ぶりくらい」というハットトリックを「うれしい」と振り返った田口は、「攻撃に関しては練習でやってきたことというのが、少しずつですけど出せている試合が増えてきているので、続けてどんどんやっていきたいと思います」と、7ゴールを奪ったオフェンス面に関してはポジティブに捉えている。


 一方で、4点のリードから一時4−4の同点とされてしまったディフェンス面は「受け入れられないと思うので、チームとしてしっかり反省しないといけないと思います」とコメント。さらに「あってはいけないこと」と厳しい言葉を続け、「本当に(今後は)一つも落とせないと思っているので、上のチームも昨日勝っていますし、そういうことをみんなが意識してやっていかないと上にはいけないと思います」と、J1復帰に向けて気を引き締めている。


 名古屋は次節、12日にホームで松本山雅FCと対戦する。