5日、シンガポール・リーグ(Sリーグ)第16節が行われ、アルビレックス新潟シンガポールはゲイラン・インターナショナルと対戦した。


 開始6分、いきなり試合が動く。アルビレックス新潟シンガポールはゴール正面で得たFKを長崎健人がふわりとゴール前へ送る。相手DFを引きずりながら秋山拓也が合わせたシュートは、GKに弾かれるものの、こぼれ球を阪本翔一郎が押し込んで先制に成功する。


 15分、右サイドから鎌田啓義が入れたクロスが逆サイドまで流れ、走り込んだ元田龍矢が左足で合わせて追加点。31分に長崎健人が3点目を決める。44分には元田が倒されて得たPKを自ら沈めて、前半だけで4点のリードを奪った。


 後半にも1点を追加したアルビレックス新潟シンガポールは、5−0で勝利。ゴールラッシュでリーグ3連勝を果たした。



【スコア】

アルビレックス新潟シンガポール 5−0 ゲイラン・インターナショナル


【得点】

6分 阪本翔一郎

15分 元田龍矢

31分 長崎健人

44分 元田龍矢(PK)

58分 佐野翼