バルセロナニースに所属するコートジボワール代表MFジャン・セリの獲得を目指しているようだ。スペイン紙『マルカ』やイギリス紙『メトロ』が6日に報じている。


 ブラジル代表FWネイマール退団が決まる以前、バルセロナは中盤の補強を目指し、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティ獲得を狙っていたとされている。同紙によると、ヴェラッティは先日残留宣言をし、ネイマールを逆にパリ・サンジェルマンへと売却したバルセロナは中盤の補強にセリを指名したという。


 また同紙はパリ・サンジェルマンも、フランスで印象的なパフォーマンスを見せたセリ獲得を狙っているとし、バルセロナとパリ・サンジェルマンの競争はまだ終わらないと報道した。


 さらに『メトロ』は『ムンド・デポルティーボ』を引用し、バルセロナはブラジル代表MFパウリーニョへの関心を取り下げ、セリとの交渉をすでに開始、契約解除金は4000万ユーロ(約52億円)に設定していると報道。アーセナルも獲得に興味を持っているという。


 セリは1991年生まれの26歳で“アフリカのシャビ”とも呼ばれるMF。母国コートジボワールではリーグ最高の選手の1人とも呼ばれ、2012−13シーズンにポルトのBチームに加入し欧州挑戦を開始し、13−14シーズンにはポルトガルのパソス・デ・フェレイラに移籍。翌シーズンにはクラブの最優秀選手に選ばれている。15−16シーズンから現在のニースでプレー。加入初年度からリーグ戦全試合に出場し、昨シーズンも34試合に出場し、3位フィニッシュに貢献した。コートジボワール代表には2015年にデビューし、現在までに14キャップを記録している。