Jリーグは8日、明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 7月の月間MVPを発表した。


 J1はセレッソ大阪のFW杉本健勇。首位を走るC大阪の原動力となっている。4試合連続ゴールを記録し、7月だけで5ゴールを挙げエースとして君臨した。また、前線からの守備、後方からのロングボールの基点、ドリブルによる中央突破等も高い評価を受けている。


 杉本のコメントは以下の通り。


「今回7月の月間MVPに選んでいただきありがとうございます。僕自身初めての受賞なので素直にうれしいです。ゴールを獲れているも自分の力だけじゃないですし、チームメイトに感謝したいと思います。7月は非常に暑い中、苦しいゲームが何度も続いたんですけどチームが一つになり、サポーターの皆さんの声援の後押しがあって勝つことができました。これからまだまだ厳しい戦いが続くと思いますが、目の前の試合を1試合1試合戦って、勝って、今の順位というのを守れるように頑張りたいと思います」


 J2ではファジアーノ岡山のFW赤嶺真吾が選出。7月にほぼフル出場を果たし、負けなしで8位まで順位を上げたチームの手助けをした。また、FWとしても活躍。5試合で4ゴールをマークし、チームを上昇気流に乗せている。


 赤嶺のコメントは以下の通り


「このたびは、7月のJ2月間MVPに選出していただき、ありがとうございます。このような賞をいただけたのもチームメイトやスタッフ、家族、そして、どんな時でも応援し続けてくださるファン・サポーターの皆さんのおかげだと思っています。今シーズンは、ケガで出場できない時間が長く、復帰をしたら結果を残したいと思っていましたし、チームに貢献したいという気持ちを強く持っていました。先日の試合でケガをしてしまい、非常に悔しいですが、しっかり治して、またチームに貢献し、多くの皆さんと喜び合いたいと、今は強く思っています」