マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル獲得を諦めたようだ。8日同クラブの公式サイトが伝えている。


 8日に行われたUEFAスーパーカップでレアル・マドリードと対戦したマンチェスター・U。同試合が行われる前には「もし彼がプレーするなら、レアル・マドリードに残るという明らかなサインだろう」とコメントしていたモウリーニョ監督。同試合に出場するかしないかが注目されていた一戦でもあった。


 実際には、同試合に先発出場を果たしたベイル。このことについて質問されたモウリーニョ監督は「彼は残留すると思うよ。監督とクラブに必要とされ、彼も残留を望んでいるのだろう。つまり、私に付け入る隙はないということだよ。試合前からそれは明らかだったね」と獲得は断念したと語った。


 今夏去就が注目されていたベイルだが、残留が濃厚になったようだ。