京都サンガF.C.は9日、DF湯澤聖人が右大腿部肉離れと診断されたことを発表した。同選手は4日に行われた練習中に負傷した。


 湯澤は1993年生まれの23歳。流通経済大学出身で、昨季は柏レイソルでプレーした。そして今季、京都へ期限付き移籍で加入。明治安田生命J2リーグ第26節終了時点で8試合に出場している。


 京都は明治安田生命J2リーグ第26節を終えて、9勝9分け8敗の勝ち点「36」で14位。次節は11日、アビスパ福岡をホームに迎える。