ハノーファーが、リヴァプールに所属するU−17ウェールズ代表FWベン・ウッドバーンにオファーを提示したが、リヴァプールはこれを拒否したようだ。イギリス紙『デイリーメール』が8月1日に報じている。


  同メディアによると、ハノーファーは1年のレンタル移籍のオファーを提示したが、リヴァプールはウッドバーンを将来有望な選手とみなし、オファーを拒否する意向だという。リヴァプールは同選手のレンタル移籍を認めるとしてもプレミアリーグ内だけとする見込み、と報じている。


 ウッドバーンは1999年10月15日生まれの17歳。2015−16シーズンはレンタル移籍先であるチャンピオンシップのイプスウィッチで公式戦34試合に出場し、11ゴール11アシストを記録した。2016−17シーズンはリヴァプールに復帰し、11月29日に行われたフットボールリーグ・カップ(EFL)カップ準々決勝のリーズ(2部)戦では、元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏の記録を更新する「17歳45日」でゴールを決め、クラブ史に名前を残している。