チェルシーは、ユヴェントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ獲得を断念したようだ。9日付のイギリス紙『デイリースター』が伝えている。


 以前からA・サンドロへの関心が報じられていたチェルシー。同選手獲得に6000万ポンド(約85億円)を準備し、オファーを提示するが、ユヴェントスがこれを拒否。さらに、同クラブを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督も同選手の放出を否定。これにより、チェルシーは獲得を断念した模様。


 しかし、サイドの選手の補強を望んでいるチェルシーは、次にトッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズに狙いを定めたようだ。同クラブは、2年前にもローズ獲得に乗り出していたものの、トッテナムが放出を拒否。しかし、コンテ監督が強く関心を持っていることから、再び獲得に挑戦するという。


 だが、トッテナム側は、今夏イングランド代表DFカイル・ウォーカーをマンチェスター・Cに放出しており、主力の両サイドバックを失うことは認めないことが報じられており、同選手も獲得が難しいと考えられている。


 そこで、ローズ獲得失敗の場合には、サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランドが候補になる模様。同選手はチェルシーの下部組織出身で2年前に同クラブを退団したものの、チェルシーは獲得を検討しているようだ。