2017明治安田生命J1リーグ第21節が9日に行われ、柏レイソルサガン鳥栖が対戦した。

 

 ホームの柏は前節に続いてキム・ボギョンをスタメン起用。前線にはクリスティアーノとディエゴ・オリベイラが入った。対する鳥栖は豊田陽平やビクトル・イバルボらがスタメンに名を連ねた。


 23分、右サイドを突破した原川力が中央にクロス。低く速い弾道のクロスにキーパーは触れられず、イバルボは無人のゴールに押し込むだけだったもののシュートが浮いてしまい絶好のチャンスを逃す。


 スコアレスで迎えた後半、柏がビッグチャンスを作る。クリスティアーノがスルーパスに抜け出してGKと1対1に。しかしキム・ミンヒョクのきわどいスライディングにブロックされ、シュートまで持っていけず。後ろからのスライディングではあったが、このプレーに笛はならなかった。直後にも柏がエリア内からシュートを狙うが、GK権田修一が素晴らしいセーブを見せた。


 80分には伊東純也がスピードを活かして単独でカウンター。GKを右にかわして流し込むだけだったがシュートは枠を外れてしまう。その後も柏が押す展開が続いたが、終盤に2人の退場者を出し、このままタイムアップ。スコアレスドローで勝ち点「1」を分け合う結果になった。


 次節、柏レイソルは13日にアウェイで清水エスパルスと、サガン鳥栖は同日にアウェイで横浜F・マリノスと戦う。


【スコア】

柏レイソル 0−0 サガン鳥栖