パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が、ANAとスポンサー契約を締結した。同選手のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社が10日に発表した。


 入団会見で「守りに入っている自分に腹が立った。刺激的な挑戦がしたかった」と語っていた本田と、ANAの「世界のリーディングエアライングループを目指し挑戦し続ける」というビジョンが一致し、今回の契約締結に至ったという。


 ANAは今年2月に成田からメキシコシティへの直行便を就航させたばかり。海外でプレーする選手は日本代表の活動のたびに厳しい移動を強いられるため、今回の契約でその負担軽減も期待できる。本田は契約に際し、次のようにコメントしている。


「この度はANAにサポート頂けることを大変光栄に思っています。これがキッカケで世界中の友人や関係者の方々にANAを知ってもらい利用してもらえると嬉しいですね。メキシコで本田圭佑としての新しい挑戦が始まります。より多くのインパクト、サプライズを届けられるように最善を尽くします」


 気がかりなのはケガの状態だ。右ふくらはぎに痛みを抱える本田は、新天地デビューが遅れている。今月31日には大事な2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のオーストラリア戦を控えており、日本代表にも影響を与えることになりそうだ。