石川県で開催されている第5回和倉ユース(U−18)サッカー大会グループステージが終了し、順位を決定するトーナメント方式の試合が始まった。


 流通経済大学柏高校を始め、青森山田高校や星稜高校など高体連のサッカー部。そして、浦和レッズガンバ大阪FC東京などJリーグのユースチームが参加し、フェスティバル形式で行われる同大会。総勢40チームが8ブロックに分かれて行なわれたグループステージが終了し、9日から10日にかけてはトーナメント方式で試合が実施される。


 Eグループを全勝で首位通過を果たした清水エスパルスは大津高校と対戦。7分、清水は齋藤聖七が相手DFの背後へと抜け出し、先制点を奪った。追いかける大津は11分、セットプレーのチャンスを得ると松原亜紀のFKがGKのキャッチミスをを誘い、同点に追いつく。15分、清水は右サイドを崩すとクロスからエリックがヘディングで決めて2−1と勝ち越しに成功。しかし、大津も直後の18分、同じく右サイドからチャンスを作るとグラウンダーのクロス大竹悠聖が決めて再び同点に。2−2で前半を折り返す。後半開始から選手交代を行った清水が攻め立てると、後半5分、9分と続けてゴールを挙げ4−2と大津を突き放す。大津は試合終盤にペースを掴むと後半17分、右サイドのクロスから立野航輔が決めて1点を返すも、試合は4−3でタイムアップ。激しい点の取り合いとなった一戦は、清水が制した。


 Bグループ首位の帝京大可児は同じく高体連の市立船橋と激突した。試合は開始から帝京大可児が市立船橋ゴールへと迫る。クロスやセットプレーからいくつものチャンスを作るが、なかなかゴールを割ることができない。対する市立船橋もゴール前までボールを運ぶものの、シュートまで持ち込めず。前半はスコアレスで折り返す。後半は市立船橋が主導権を握ると10番を背負う郡司篤也を中心にゴール前まで侵入し、チャンスを作る。帝京大可児も大森渢樹がが果敢にドリブルからシュートを打つも決めきれず。結局、両チームとも最後までゴールを割ることができず、勝負の行方はPK戦に突入する。1人目からサドンデスのPK戦は、いきなり市立船橋が1人目が外すと、帝京大可児の1人目がしっかりと決めて勝負あり。PK戦までもつれ込んだ試合は、帝京大可児が勝利を収めた。


 優勝を決める上位ブロックではガンバ大阪、FC東京、ジュビロ磐田、青森山田が準決勝に進出。17位から32位のブロックは作陽、清水桜が丘、ヴィッセル神戸、東京ヴェルディが勝ち上がり、高体連とJリーグユースが2チームずつという顔ぶれに。33位から40位のブロックは星稜と浜松開成館が順位決定戦に臨む。


 試合結果は以下の通り。


■決勝トーナメント


▼1回戦

ガンバ大阪 4−0 磐田東

横浜FC 0−1 川崎フロンターレ

清水エスパルス 4−3 大津

日体大柏 1−2 FC東京

浦和レッズ 2−1 桐生第一

鹿児島実業 0−2 ジュビロ磐田

青森山田 4−0 浦和東

市立船橋 0−0(PK:0−1)帝京大可児


▼準々決勝

ガンバ大阪 3−0 川崎フロンターレ

清水エスパルス 1−3 FC東京

浦和レッズ 1−2 ジュビロ磐田

青森山田 1−0 帝京大可児


■順位決定トーナメント(17位〜32位 グループ1)

▼準々決勝

ベガルタ仙台 0−1 作陽

東山 1−1(PK:1−2)JFA福島

米子北 1−2 履正社

清水桜が丘 5−0 帝京


▼準決勝

作陽 1−0 JFA福島

履正社 0−1 清水桜が丘


■順位決定トーナメント(17位〜32位 グループ2)

▼準々決勝

前橋育英 0−2 ヴィッセル神戸

東海大福岡 2−0 浦和南

習志野 0−2 東京ヴェルディ

桐光学園 1−0 武南


▼準決勝

ヴィッセル神戸 6−0 東海大福岡

東京ヴェルディ 1−1(PK:3−2)桐光学園


■順位決定トーナメント(33位〜40位)

▼準々決勝

ヴァンフォーレ甲府 0−1 金沢

星稜 1−1(PK:1−0)流通経済大柏

浜松開成館 1−0 広島皆実

四日市中央工業 0−0(PK:1−0)藤枝東


▼準決勝

金沢 0−2 星稜

浜松開成館 1−0 四日市中央工業