マンチェスター・Uは、今夏に契約が切れた元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチと再契約を検討しているようだ。9日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。


 イブラヒモヴィッチは4月21日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝戦にて膝を負傷、手術も行った。現在はリハビリ中で、復帰に向けて準備をしているところであることが伝えられている。そんな同選手に対して、マンチェスター・Uは再契約を準備しているようだ。


 同選手に対しては、ミランやMLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーが獲得に興味を寄せていることが明らかになっている。しかし、同選手はマンチェスター・Uとの再契約を考えている模様。ケガが完治した後に、復帰するための交渉が始まったという。


 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督もイブラヒモヴィッチについて「彼は我々と契約を結んでいるわけではないが、まだ我々の元に近いところにいるよ」と同選手との再契約を示唆している。